2010年05月22日

2010年春季陸上競技大会

20100522_1.JPG1500mに参加しました。

私,中学生のとき陸上部でした。当時は腕時計つけていなかったので,タイムは顧問が読み上げるのを聞くだけだったのですが,たしか4分半くらいが当時のベストだったような。だから,大人になってこれだけマラソン練習しているんだから,1500mでも生涯ベストを出したい!と,2年前から挑戦しています。

このところトラック練習の1000mでは3'00"〜3'05"くらいは出ているし,200だともっと速いペースも重ねられる。脚の故障でこのところ月間走行距離は200kmに満たないけれど,1500m走るのに関係ないでしょう。

今日はできる気がしていました。プランは残り300mまでをキロ3分ペースで何とかいくということ。300mならスパートで何とかなる。

暑いけれど,走る頃にはうす曇でそこそこのコンディションの中スタート!
いきなり2名転倒!体勢を大きく崩した方もいましたが,私は大外出走で影響なし。

・lap1(1:12.8)
落ち着いて居場所を探し,まず300mのタイムを見る。54"が目安だけれど,54"〜55"。悪くはないが,理想を言えばあと1秒速ければ。。

・lap2(1:12.7)
2周目に入り数名に前にいかれる。少しペースが落ちているのか?前の集団と少しだけ間が開いている。差が開いていくわけではないがつめきれない。ここはキープしたい。

・lap3(1:13.9)
400毎にラップボタンを押しましたが,レース中はチラ見だけ。あとから確認すると「1:12.xx」で,1周につき1秒弱遅れているんだけど,レース中は丁度1:12(キロ3ペース)で走っている気でいました。だんだんきつくなってきて,何も考えられなくなって惰性で少し進んだころ,残り1周のところにあるタイム表示で遅れいていることに気づきました。3'18"で通過したかったが3'20"秒台。ここですぐさま反応できたはず。と後悔しています。

・lap4(300m,52.7)
口はもうカラカラやっぱりきつい!スパートをかけたのは残り250mくらいから。前の2,3名をかわせたので,4'30"いける!と一瞬思ったのですが,ホームストレートで時計を見て,あぁぁ間に合わない。とわかりました。

20100522_2.JPG公式記録は4'32"11でした。

どこが分かれ道?走力が足りなかった?ペース配分次第ではいけたのか?自分ではラストスパートはもっとペースアップしているつもりだったけれど。。 こーんな悔しさがぐるぐるでした。

南大沢駅からいこいの湯というスーパー銭湯を目指しましたが道に迷いすぎ。。その苛立ちでレースの悔しさも忘れてました^^;(施設自体は良かった。空いてたし)

風呂に入りながら今回のレースの記録に影響した要因を考える。。今回のシューズは3年前に買ったアディゼロRC。くたびれ気味だった。周りは半分以上スパイクだったし。あくまでマラソンにつなげたいのでスパイクを履くつもりはないけれど,薄型高反発のシューズを導入しても良いかもしれない。なので南大沢のアウトレットに良いシューズはないかと探しに行きました。レース系のシューズはNIKEのみ置いてました。今回は買いませんでしたがスピードスパイダーRともう一種よさそうなのがあったな。

1500は来月もう一度走る機会があるので,その他の要因もできる限り対策して今度こそ4分半目指します。
posted by yas at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

ナイキ エアズームスピードスパイダーLT+

20100516_2.JPG ズームスピードスパイダーLT+
 久々のアディダス以外のシューズです。
 出先で練習するときに,シューズがない!ってことがあって急遽購入しました。まだ2回しか履いていないけれど,特に癖もなく走りやすいと思います。

 2010年5月〜
 
 戦績
  ('10/05)EKIDENカーニバル10km 36:49
posted by yas at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アディダス アディゼロCS5(2足目)

20100516_1.JPG ・アディゼロCS5(2足目)
 2009年12月より
 買ったけど書き忘れてました。
 これは良いシューズです。
 ペース走,ロング走,インターバルで使用。
 これで1000m2'59"だしました。

 戦績
  ・('10/01)谷川真理ハーフ 2:08:10
posted by yas at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

EKIDENカーニバル2010東東京大会

20100509.JPG職場のチームで参加してきました。
親睦イベントなので,他のメンバーは相変わらず練習3kmとか5kmとかです^^;私は気にせず全力で走らせてもらいました。

3'40"キープでラスト1kmどれだけあげられるかがんばるというのが事前のプラン。

大規模な大会だけあってかなり手強いランナーが多く,最初から最後まで抜かれる方が多かったです。1kmが3'27"で予定よりも速め。短い距離ならスピードが出せるようになって来たかな??

さすがにこのままだとつぶれそうなので少し緩めてみました。2.5kmで折り返ししばらくすると応援のエッピーさんから○○さん!と声援。!?と横を向くとパパランナーさんがいました。このときは挨拶する余裕もありましたが,同時にプレッシャー。今日は私あまり上々じゃないようなのでこの先厳しいなあ^^;

1区は5kmを2周するのですが,途中芝生(野球のグラウンド?)を数百m走ります。ここが曲者で足をとられて進みません。てこずっているとパパランナーさんがスッと前に出て行きました。じりじりと離され結局追いつくことはできませんでした。

ちょっと弱気になったのかここまでは17'55"(3'35"/km)で5km通過したのに,3'45"前後をいったり来たりになりました。

足は動くけれど,今日は心肺が追いつかない。やはり練習不足は後半如実に出ますね。今の私は5kmまでの体になってしまったか。

個人的な駅伝の楽しみはタスキ渡し前数百mの短距離走にあると思っているのだけれど,今日やったら本当に昇天しそうなので自陣の前だけ最後の力を出しました。

最後の芝生に再び腰砕けになりながらタスキ渡し・・・つなぎ区間も時計止めなかったので正確な距離はわかりませんが36'49"(17'55"−18'54")でした。

職場チームは2チームとも無事完走しました。アフロや看護士やデビルマンを見て,メンバーが仮装に興味を示していましたが。。えっ?
posted by yas at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

奈良マラソンの下見

5/10から奈良マラソンの申し込みが始まるので,良い機会とコースの下見してきました。

コースマップ
http://www.nara-marathon.jp/img/coursemap.pdf

高低差
http://www.nara-marathon.jp/img/coursemap04.pdf

IMG_1007-2.JPG
天理高校前(24.7km地点)からスタート。


IMG_1007-4.JPG
こんなゲートの下を走る。


IMG_1007-13.JPGIMG_1007-15.JPG
IMG_1007-17.JPGIMG_1007-18.JPG
27km過ぎから約1km登り坂区間の始まりです。


IMG_1007-21.JPGIMG_1007-24.JPG
名阪国道を越える。


IMG_1007-39.JPG
その後,だんだん道が寂しく。。こんなわけないよな・・・なんか変だと思ったら道を間違えていたようです。


IMG_1007-41.JPG
まさかここがコースとは気づかなかった。。試走不能?


IMG_1007-42.JPGIMG_1007-45.JPG
30km過ぎ。ここからは下り区間。


IMG_1007-48.JPGIMG_1007-53.JPG
国道に出るとしばらくフラットですが,何度かわずかなアップダウンがあります。


IMG_1007-55.JPGIMG_1007-58.JPG
奈良公園が近づくとまた少しアップダウンあり。38km〜


IMG_1007-59.JPGIMG_1007-67.JPG
今日の試走は大仏殿前で終わりにしました。暑かった〜。しかも水に入ってました。



IMG_1007-71.JPG
その後歩いて序盤(3kmあたり)のコースを見ました。ここも緩やかに傾斜がありますが幅広く気分よく走れそう。


コースの一部を見たところ,街中とのどかなところの組み合わせという意味ではつくば,かすみがうらに似ていますが,大きなアップダウンが数箇所と細かいアップダウンが多数あるのが気になりました。競技場方面は見られなかったけどどんな感じかな?
いつかは走ってみたいレース。でも次のマラソンは力を試したいからもう少し穏便なコースが良いなあ〜,なんて試走してかえって日和ってしまいました^^;
posted by yas at 20:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする