2014年04月20日

第3回もろやまトレイルラン

マラソンシーズンオフに手ごろな距離のトレイルレースに出場しました。
走ったのは20.5kmの部。
最大高低差、約400m、全体的に走れ、未舗装林道やロード区間もそこそこあって自分にあってるレースだと思いエントリーしました。

事前にチェックしてたのは
・5kmに最大のピークがあり、これを超えたらあとは大きなのぼりはない。
・中程度のピークを含めても頑張るポイントは6個くらい。
・15kmで実質終わり、あとは下りなので。

最初が緩やかなのぼりのロードなので、積極的に行っていい位置につけ、あわよくば入賞を!

最初の1km、自分は3:51(1〜2%は上ってると思う)で入ってるのに、先頭は10秒以上前に。これは勝負にならん。結局最初に前に行った人はほとんど落ちてこなかった。

前が終えないなら自分から失速することはないようすることを次の目標にしました。
周りの人に歩調を合わせること、抜かれても付いていくこと。
4kmあたりから本格的な登りが始まり6kmくらいまで続く。わかっていたがここが一番辛かった。
2名に抜かれる。

一番のピークを超えて下り始めすぐ、一度ダイブしてしまった。幸い地面がやわらかく、怪我はなかったが、いままでトレランでほとんどこけたことがなかったので、ここから先少しの間慎重になった。そして金曜日からの雨で?少しコースがぬかるんでいる所もあり、少しテンション下がる。前にいた人もまったく見えなくなった。

8kmあたりでさらに後ろから来た人に抜かれた。ただこれはよかった。その人を目標にずっと集中して走れたから。結構フラットなところも多く、情報通り走れるコースだった。前半はピークに全力で行ってすぐに乳酸がたまりメロメロになってたけど、後半になってようやくきつくなる一歩手前で淡々と走る加減がわかってきた。

そして、15kmの看板が見えたので、あとはくだりだ〜!とストライドを伸ばして反撃!後半で3人抜き返せた。このあたりから左の膝が若干痛んできたが、着地で踏ん張らないようにしたり、いろいろ気を紛らわせたりして、フィニッシュするころには気にならなくなっていた。

ロードになってからは一層ストライドを伸ばし、先ほど抜かした人たちに追いつかれないように追い込みました。

走ってる最中はよくわかりませんでしたが、年代別で5位に入賞〜。入賞は久々。
やっぱりレースは楽しいですね!

一応5kmLap
25:56-30:01-30:11-23:55-2:16(0.5km)
total 20.5km 1:50:20
posted by yas at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

春季陸上競技大会2014

駒沢で開催された春季陸上競技大会に参加しました。

少しのオフ期を経て2週間ほど前から本格的に練習を再開したので、ベストが出るとは思わないけれど今シーズンの指標となる重要なレース。マジメに走ろう。

周りに流されずに残り4周まではきつめのペース走くらいの体感でいきたい。

◆〜1000m 3:21(3:21)
うまく入れた。アウトコースの先陣を切ってインスタート側に合流し、うまく集団の後ろにつけた。先頭集団とは早くも離れてしまったので、この集団に運んでもらおう。今日は16分台出そうな気がする!

◆〜2000m 3:23(6:44)
まだ余裕があるが、1000-1400が81秒以上かかっている。もう少し上げてもらいたいが、難しいか?上がる気配がなかったので1500mあたりで集団の前に出てしまった。ここから3500mくらいまで第2集団を引く形に。

◆〜3000m 3:25(10:09)
一気にきつくなってきた。

◆〜4000m 3:25(13:34)
3000を超えると、後ろについていた人がどんどん前に出てきた。やっぱりもう少し我慢しておくべきだったか。しかしとにかくきつくて対応できない。救いは前のラップから落ちていないこと。しかし何でこんなぎりぎりなんだ、あと1000m、限界までやれるか?やるしかない。

◆〜5000m 3:29(17:03)
しかし力尽きた。明らかにペースが落ちているのがわかる。なんてblogに言い訳書こうか、なんて余計なことが頭をよぎってる時点で挽回はなかったか。。どんなにきつくてもあと1000mなんだから、やりようはあると思うが、ずるずると落ちたままフィニッシュとなった。

また17分が切れず、停滞を感じました。17分なら速めのペース走くらいの体感で出来てもおかしくないはずだが、力を出せていない気もします。これをバネに継ぎなるべく速く挽回しなければ。一方精一杯贔屓目に見ると、シーズン一戦目でトラックレースに慣れていない中での1500mまでの走りはよかった。レースの行程の1/3をこれくらい余裕もっていけたので、次は1/2まで、その次は2/3まで、とこの感触を維持できる距離を伸ばしていきたい。
〜〜〜〜
前日:1時間軽くjog+ws200 1本
アップ:
キロ4くらいで1.2kmを含む30分jog
シューズ:
アディゼロtakumi Ren


20140405_1.jpg

終わったあとは家までjog、盛りは過ぎていましたが桜の緑道はやはりいいものです。
20140405_2.jpg
posted by yas at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする