2017年01月03日

2017年の目標

マラソン2時間32分以内
停滞していた間は一秒でも更新できればと思っていたけど、昨年3年ぶりにPB出せたので、もう一度飛躍を目指したい。

将来的には2時間半が目標だけど、まずは今の記録から見た半分の道のり、32分切りを目指します。

また数年後福岡の資格が切り上げになるのか?それまでに伸ばしておきたいのも今そこそこ背伸びした目標を掲げる理由です。
(2017・・・2時間32分切り、2018・・・2時間30分切り、2019・・・資格切り上げ・・・滑り込みで資格継続!ってのを想定)

目標達成のために、3分半切るペースで10000mを間違いなくやれること。1000mのインターバルは3:15カット、このあたりが第一歩になると思うので、まずは取り組みやすい短い距離からやっていきます。

マラソン記録を求める一環で、5000mは16:15(-12秒)、ハーフは73分半(-45秒)がさしあたりの目標です。

2009年、2012年が飛躍のシーズンだった。二度あることを三度目やれるように頑張ります。

posted by yas at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

2016年振り返り〜目標〜

2016年初めに立てた目標を達成しました。
2時間33分52秒!

5km18分〜18分5秒が上げられる上限ペースだろうというところもその通り(福岡国際で18:02, 18:03, 18:04というラップあり)で、年初に今年どれくらいまでもっていけそうかというのが見えていたのだと思います。
逆に、決して縛られていたわけではないけど(今年も、下の記事を見返すまで、33分台を目標にしていたこと忘れてたし笑)、年初の目標はもっと高いのを掲げてもいいのかなあ。

おまけのハーフ1時間13分台、5000m16:20以内はハーフ1:15:46、5000m16:35で未達成でした。



〜〜〜〜
2016年目標
マラソン 2時間33分台

昨年は年初に2時間32分台を目標にしましたが、未達成(2:34:40)。
途中からは32分台を目標にしていたこと自体忘れてたな(汗)

今、32分台が見える状況にあるか?

32分台を出すには、控えめに見てマラソン前半のペースは5q18分ちょっと切るくらいと思います。
それってちょっと想像がつかない。今年ものすごく頑張って、5q18分〜18分5秒のレベルまでは持っていけるかどうか、それで後半1分半落ちだと、2時間33分台ぎりぎりです。これだともう少し落ちてしまっても2:34:25でPB更新は拾えるかも。

マラソンは好きでやってて、走ること自体の充実感、走友との交流もありますが、やっぱりベスト更新がなによりも楽しい、だからまだ記録にこだわって頑張ります。

〜〜〜〜
おまけ
この目標を達成するために各距離でも自己ベストを更新したい
ハーフ 1時間13分台
5000m 16分20秒以内
posted by yas at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

2016年の振り返り〜年間の流れ〜

1〜2月 初の準エリートでの参戦となった東京マラソンでベストを出すべく頑張ったが、疲労が抜けず苦しいなとは思っていた。本番ではハーフまでは理想のペースで会長だったものの急激にきつくなり大幅に失速した。

3月 疲労を抜い再スタートしたところで、ランと関係ないところで転倒し膝を強打。もともと故障気味だったところで一気に悪化した。

4〜5月 故障様子見で走ったり休んだりで低空飛行の時期だった。

6月 ようやくポイント練習が再開できた。1000インターバル、20kmは6月末にほぼ安心できる水準(インターバル3:20、20km3:50~4:00/km)に戻った。

月末、福岡国際マラソンの資格切り上げ(2時間40分以内→2時間35分以内)を知る。

7月〜8月 世田谷競技会でセカンドベスト、故障があった割に走れた。後半猛暑が来てランも失速。ポイント練習でも途中やめや失速が8月中盤まで続く。

9月 前半まだ暑く、30km走未達が続き焦っていたが、月の後半にようやくロング走はやれるめどが立ってきた。一方、春のスピード練習不足の影響か、1000を一本走っても3分切れない状態で、スピード不足が明らか。LTを上げる試行錯誤開始した。

10月 ロング走3本と高島平とLT走とインターバル。盛りだくさんなひと月。高島平は後半失速してしまったが、失速幅を抑えることはできた。71分は速くないけど、2015年の72分半よりはだいぶましだ。少なくとも昨年同等くらいの走力には戻ってきた手応えは得た。

11月 いつもの上尾に加え、小規模なハーフレースにも参加、早いペースで押すための準備をしつつ、月の後半に単独で10000mほぼ3:30/kmが2回できた。いけるんじゃないか?という希望が大きくなって本番を迎えることができた。

8月以降でキロ4アンダーの30km(40km含む)は8本。スタミナには不安がなかったが、スピード不足で余力ない走りになることは覚悟。賢く走ろれるか?

12月 福岡国際マラソンで3年ぶりのベスト更新!いまの走力とその日の条件を見極めてついに34分台の壁を破ることができた。4年前に35分を切っていたことを考えると、今頃はもう少し上のレベルに到達していたかったけれど、まだ伸ばせるのがわかって、だったらやってやろうじゃないかと前向きな気持ちになっている。
posted by yas at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2016年目標

マラソン 2時間33分台

昨年は年初に2時間32分台を目標にしましたが、未達成(2:34:40)。
途中からは32分台を目標にしていたこと自体忘れてたな(汗)

今、32分台が見える状況にあるか?

32分台を出すには、控えめに見てマラソン前半のペースは5q18分ちょっと切るくらいと思います。
それってちょっと想像がつかない。今年ものすごく頑張って、5q18分〜18分5秒のレベルまでは持っていけるかどうか、それで後半1分半落ちだと、2時間33分台ぎりぎりです。これだともう少し落ちてしまっても2:34:25でPB更新は拾えるかも。

マラソンは好きでやってて、走ること自体の充実感、走友との交流もありますが、やっぱりベスト更新がなによりも楽しい、だからまだ記録にこだわって頑張ります。

〜〜〜〜
おまけ
この目標を達成するために各距離でも自己ベストを更新したい
ハーフ 1時間13分台
5000m 16分20秒以内


posted by yas at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

2015年振り返り(1)

◆記憶に残るレース
・福岡国際マラソン(2:34:40)
 ベスト更新はならなかったけれど、この大会のために考えて練習を積み、そしてそれを存分に発揮する。 このプロセスは例年と同じくやれたと思う。だから何度でも振り返り、いい気分になったり悔しがることができる。来年もまた味わいたい。

・世田谷競技会5000m(16:27.1)
 5000mで4年ぶりのベスト更新!7月梅雨明け前で力出しやすいコンディション。中盤からの積極的な走りで3000mから4000mの落ちが少なく、4000mでベスト出そうなのがわかってからはがぜん頑張れた。

(次点)
・ふかやハーフ(1:14:16)
 ハーフのベスト更新。初めから呼吸乱れるくらいで突っ込み、ペースダウンしたい気持ちをなだめながら粘りきる、これがハーフの走り方かな、とコツをつかめた気がしたレース。

◆練習
 夏以降ラン以外の部分で環境が変わり、練習も今までとはちがうやり方で取り組んだ。
 平日かなりの部分は帰宅ジョグのみとなったが、幸いポイント練習にはこれまでと変わらず時間をかけられた。強力な仲間と切磋琢磨して、同じメニューで比較すると昨年よりも走れている部分もある。
 来年以降、環境がまた変わっていく可能性もある。走ることを続けられることをまずはありがたがり、その中でやれることをやっていきたい。
posted by yas at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

Wear characteristics of shoes

も書きましたが、どのシューズも毎回こんな感じで減っていきます。

20150725.jpg

1000km走ったシューズ。左の踵ばかり減る。
ジョグシューズなので、トラック左回りの影響というわけでもないです。
前足部はあまり減りません。

かかとが減りやすいのは仕方ないとして、左右均等に近づけたら、もう少しでもランニングエコノミー改善するかな。効くかわからないけど、ジョグ中に内転筋やつま先の方向を意識したりしています。
posted by yas at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

2015年の目標

マラソン2時間32分台

昨年の目標は32分以内でした。

元々32分カットの目標は、32分を切らないことには2時間半切りに向けた具体的なプラン描けないと思ったから、早くそこに到達したいという意味で設定しました。

また、『2013年で33分台の力はあったはず。さらに一年練習したんだから2014年に32分台狙ってもおかしくないよね』と自分では思っていました。しかし2シーズン続けて結果を出せていないとなると、残念ながらまだ34分台が実力なのかなとも感じしています。やれるはずというのも記録を出さないことには単なる思い込みになってしまうので、今年ははっきりと文句なしの記録更新をしたい。

そこで、今年はもう一度地に足をつけ、2時間33分をきることを目指します。その上で展開や条件がはまれば32分に近づけるかな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ふり返り 2014の数値目標と結果
フル 2:31:59→2:34:32 未達成
ハーフ 1:14:59→1:15:02 ほぼ達成
5000m 16:29→17:03 未達成。出走2回のみ
posted by yas at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

菅平合宿2014

T.T-athlete club 菅平合宿

例年行ってる菅平、今年はT.T-athlete clubの一員として参加してきました。

10659153_278035769058761_2165910950598505145_n.jpg続きを読む
posted by yas at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

ソウル国際マラソン応援

昨年走ったソウル国際、今年は観光&応援で行ってきました。
写真で振り返ります。

続きを読む
posted by yas at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

別大振り返り コンディションほか

別大から一週間過ぎましたが、思い通りの結果とならなかった要因についてまだ考えがまとまっていませんが、このあたりで一旦区切りにしておこうと思います。

◆どんな不調?
・15km以降は楽な瞬間はなかった。
・18-23kmがかなり呼吸乱れ。25kmくらいまでで一旦呼吸は落ち着かせたが、その後ペースが上がらなくなった。
・26km以降の弁天橋、三海橋、弁天橋、舞鶴橋と、本当小さな登りだが堪えた。登り切ったらしばらく脚がガクガク麻痺状態で惰性走行。
・後半は全体に脱力した感じで噛み合っていない。ペースを戻そうとすると数秒できつくなってしまう。具体的にはどこがきつかったのか?が思い出せない。
・9kmで早くも水ぶくれ。交差点を曲がるときに激痛、直線部分では影響はなかった。

◆走り方
序盤は突っ込まず落ち着いて入れた。
集団から出たり入ったりと落ち着かない走り方をしてしまったが、これは癖のようなもの。好結果のときもこんな感じだ。
18-23kmでその後に残しておくべき余裕を前借りしてしまったかもしれない。ペース上げられたことを喜んでいる場合ではなかったかも。難所で上げてどうする?

◆気持ち
きつかったのは福岡のときと同じだが「きついけど、やる」なのか「きつい、もうだめだ」という違いがあった。フィニッシュ地点を考えず、直近1kmのラップを落とさないように必死になる切り替えができなかった。

◆練習
・レースペースに対する余裕度をつける練習は少なかった。ただしこれは福岡前も同じ。
・最終週平日大腿部周りに疲労感あり。3000の追い切りは最初の400だけが好感触で、その後は必死で328を維持。疲労抜きが十分でなかった感はある。

◆調整
少し食べ過ぎたかも。直前も割と揚げ物が多かった。会場でアップした時明らかに胃が重かった。カステラ食べてすぐだったから?あと一時間あるから大丈夫かと思ったが、念のため胃薬は飲んだ。これが効いたようで、道中は胃痛や原の重さは感じず。
空腹も感じなかった。でも28kmでジェル飲んだら少しの間体が動いた。
胃薬で対処したし、空腹も感じなかったので全体的には食事も悪くなかったと思う。
ただし、体重が重かった影響はあるかもしれない。

◆外部条件
しっとりしているのがわかる位の霧。27kmからは日差しが出たので水をかけながら。
時々向かい風を感じる程度でペースにはほとんど影響なしか。31km以降は多少風が気になった。

ーーー

まだまとまっていませんが、
一番大きいのは気持ちかな。何が何でも記録を出すという気持ちになっていなかったのかもしれない。私はシーズン一回好走した後のレースってそうなってしまうのかもしれない。序盤で頑張らないようにラップは気にせず楽しく走って後半爆発させるくらいがいいんじゃないかと思う。

次は、少し体重が増えていたのと気温が高かったくらいでしょうか。一方、福岡に比べて直前は余裕を持った過ごし方をできたのはプラス作用だと思うので、トータルではそんなに大きな影響とは考えていません。

次のシーズンはこの経験を活かしたいな。
posted by yas at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

別大 翌日編

別大の翌日は湯布院へいきました。

00.JPG01.JPG
フリーきっぷを持っていたので電車で由布院へ。

02.JPG03.JPG
この日も霧が出ていて、由布岳は見えませんでした。

帰りの飛行機が福岡発だったので、バスセンターで行きかたを聞くと、、福岡行きのバスは満席!
JRの直行特急も満席でした。困った。

仕方がないので、路線バスで別府に向かい、そこから日豊本線で博多に向かうことにしました。
なので、滞在時間は1時間半、あてにしていた夢想園はいけないなー。

04.JPG05.JPG06.JPG
短い観光!街をぶらぶら歩き、金鱗湖まで来ました。そのほとりにある共同浴場「下ん湯」にどぼん!地元のおじさんとお話しました。

08.JPG
路線バスから、これが由布岳かな?阿蘇に似た雰囲気です。バスは約3分遅れと優秀でした。

09.JPG
無事特急に乗車。

07.JPG10.JPG11.JPG
むしろレース後の方が炭水化物三昧でした^^
posted by yas at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2014年の目標

フルは昨年の目標をスライドして、2時間32分カットを目指します。

ここに向けて、2月の別大では33分台を狙いたい。福岡後は気を詰めては練習していませんが、走力を落とさなければレース展開によってはあり得ると思う!

その他の距離ではハーフ、5000mで数年間出していないベストを更新したい。秋以降はフルの練習になるので前半勝負です。3月の立川ハーフは74分台、5000mは7月までにまず16分半を出したいです。

目標を達成するために、走る以外の下支えが必要と思います。
・走らない日も毎日ストレッチする
・こまめに筋トレする
のがポイントかな。普通ですが^_^;
怪我しないで練習を継続できれば自然とやれる練習も上がっていくだろうし、結果もついてくるでしょう!

個人目標はこんなとこですが、みんなとの交流を楽しみに今年も楽しく走っていきたいです!よろしくお願いします〜^_^







posted by yas at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

Durability and wear behavior of some shoes.

年末で下駄箱を整理していてふと目に留まったもの。

大体のシューズが左の踵から減っていきます。
前のプチプチはあまり磨り減らないけど、こっちは右足の方が減りが早いかなあ。

※洗っていない画像で申し訳ない!
アディゼロtakumiRen 280km
IMG_8440-0.JPG

IMG_8440-1.JPG

ルナスパイダー 470km
IMG_8440-2.JPG

IMG_8440-3.JPG



ポイント練習に使ってるシューズの交換時期ってどのくらいなんだろう?
(ジョグ用シューズは1000km履きます^^)
posted by yas at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

福岡国際マラソン 振り返り

自分用メモ

・走りこみ
 距離は8月363km、9月292km、10月451km、11月339km。
 本格的な練習が始まったのが9月2週からで、遅い。特にスピード練習が足りていないと感じたが、本番スピード不足を実感する具体的な瞬間はなかった。疲労の蓄積も考えるとこんなものでいいのか、不足していたから今回後半落ちたのかは判断が難しい。トレーニングの方向性はまだ模索中。

・調整
 疲労を感じていたが、マッサージは行かなかった。立ち仕事が多めだったりいろいろで、直前の過ごし方も理想とは違っていた。レース序盤からふくらはぎがきつかったのはそのせいか、シューズのせいか、これも判断難しいが、もう少しフレッシュな状態で臨みたい。

・ペース設定
 練習では3:38/km位でもTTレベルに呼吸が苦しくなり、スピード練習の不足を感じていたが、本番はハーフまでは呼吸は乱れなかった。or乱れても落ち着かせることが出来た。
 練習ではできなかったことで高湿度の気象条件に負うところが多かったかもしれない。
 呼吸的には3:38/kmを克服したと考えるのはまだ早く、やはり3:40/kmをしっかりというのが実情だろう。

 理想と微妙にあわないペースの集団がいたときに付くか、離れるかは難しい。

・補給
 食事。あまり気にしなくてもいいかも。ガス欠を恐れ直前まで食べ過ぎないように。
 今回は3時間前に朝食を食べ終わり、75分前に小さめのカステラ一個。特に問題なし。
 26&34kmでジェル。摂取してから1kmくらいしたらなんとなく楽になる感じあり。

・装備など
 アディゼロtakumiRen。アディゼロJAPAN2と直前まで悩んだ。
 ふくらはぎには早い段階から張りを感じたが、その分苦手な序盤もスピードに乗っていけた。
 終盤の写真を見ても脚は上がっていたようで、この選択はよかったと思う。
posted by yas at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

菅平合宿

3連休は恒例となりつつある菅平合宿でした。

◆1日目
午前:
野口みずきクロカンコース20km(1周4km×5周)。
日差しがきつく不安がよぎる。アップでも非常に体が重い。
コースのせいと思ってたけれど、今思うとこれが空気の薄い影響なのかな(いまさら?)

今回も1周18分以内を目安にスタートする。前年はスタート早々飛び出してしまったのでなるべく集団で。
最初からきつくて右に傾きねじれる感じもでてきた。1周目は4:38-9:20-13:31-17:27くらいの推移。1周目後半伸ばしたが2周目登りでみんなに抜かれる。きつかったが2周目もペースは落ちてなった。3周目動き出したので少し前に出てみる。4周目から動かなくなって登りのタイムが2秒程落ちてきた。

膝の痛みも少しでているがなんとかなだめつつ。5周目はもう17:30まで落ちても仕方ないと思うが、じれさんの背中が大きくなりだしたので必死に追った。最後は追いつけなかったけどラストは17分きりでトータルも今の状況としてはよかったかな。

1:26:10(17:27-17:24-17:13-17:09-16:57) [前年比+29秒]

午後:
サニアパーク横のジョギングコースで1時間+アップダウンのアルコースで1km(3:17)。ゆるい下りで乳酸がたまる謎の現象^^;

一日目合計 39.6km

◆2日目
朝:
3kmゆっくりjog。大腿前面が非常に重い。

午前:
菅平ウエストコース30km。1周6.74km x 4周 + 3km強。キロ4目標。
ここが大事な練習。半そで+手袋。

最初から非常にきつい!一列目で走ったが、最初の区間は風もきつく、1kmを4:01で通過したところで力尽き2列目に下がった。先頭がいいペースを作ってくれたのですこしずつ余裕を取り戻し1周目の後半で落ち着くことが出来た。2周目、3周目は一列目に復帰して少しだけペースアップ。だんだん余裕はなくなってきているが、あと1周粘りたい。

ここでちょめさんが一気に前にでて、じれさんが続き、自分もよしいくぞと思ったが、ついていけない。あっという間に差が広がってしまった。25kmが20kmまでと比べ上がっていないことで、この先の苦しい展開を覚悟した。
27kmまでは下りで3:50で押せたが、単独走になった上に最大級の向かい風で足が完全に止まった。28kmまでの1kmは4:07だった。厳しい。しかしやめるわけにはいかない。プッシュプッシュで、1:58:17。ラスト5kmもなんとか2秒落ちでいけたのはよかったが、あげたかったのも事実。今日の条件では悪くない。

30km 1:58:17(20:01-19:47-19:40-19:35-19:36-19:38) [昨年比+1秒]

午後:
峰の原クロカンジョグ 10km 65分。
午前練習の終盤でくずれたフォームの建て直しを意識。
走り始めはばたばただったが、次第にほぐれる感覚を得た。

二日目合計47.7km

◆3日目
朝:朝にしては早いjog4km。

午前:ヒルクライム18.5km約1000mUP

疲労をのぞいては気になるところはないので頑張りたいところ。自分の作戦は前半やや抑え目で、中盤本格的な山間部に入ってからのペースダウンを極力抑えるというもの。腰の前傾をロックして足を出していくフォームがどのように効くか。
長い長い市街地を抜けて交差点が26分弱。たしか5km以上あったと思うので悪くない。つぎの温泉先までは前々回前との差をつめられた場所なので頑張ったが、前も速く詰まらなかった。温泉通過で40秒程度のビハインド。そして温泉を抜けて本格的なのぼりに入ると今年もまた苦しい展開だった。明らかに回転もストライドも低下傾向なのだが、なかなか足に指令が届かない。1分程度は前との差が開いてしまいあきらめかけたが、11km付近でテツヤンさんに差されたのでもう一回テツヤンさんの背中を見て頑張る。次の計測ポイントも60分台で、ほぼ前回と同じで走れていることがわかる。苦しみもがき湧き水を過ぎたらプッシュ!最高地点1:27分以内を目指していたところ、予想外に1:24分台で登ることが出来た。ここからの下りはおまけだけど、前が見えていたのでつい猛プッシュ^^;下りは最速3:40/kmカットだった。ここは割り引くとしても頂上まで84分台は次へのベンチマークとして大きな目標となったんではないだろうか。
18.5km 1:31:36 [前年比-2:16]

三日目合計24.5km

◆合宿を終えて
全体を通して昨年よりも体感がきつかったが、形にすることが出来たのは仲間のおかげです。強い仲間の背中が見える範囲なら、自分もまだ頑張れてるんだろう、これ以上離されないようにしようと頑張ることができました。

気象条件、集団の出来方で単純な比較は出来ないけれど、昨年とほぼ同じパフォーマンスを発揮することが出来たともいます。今年は合宿から福岡まで1週短いこともあり、今の状況を楽観は出来ないけれど足りていないところを補ってあと少し上積みを求めていきたい。

企画のtakeshiさんはじめ、参加の皆さんお疲れさまでした!
posted by yas at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

奥武蔵ラン

かわちふじさんのお誘いで奥武蔵を走りました。

武蔵横手駅から林道に入り北向地蔵〜顔振峠〜高山不動尊〜刈場坂峠〜県民の森〜武甲温泉に下る37kmの道のりでした(全ロード)。

メンバーはかわちふじさん、ランバディのいとうコーチ、さくまさん、ももたろーさん、とよちゃん、私。
o1.jpg

例年なら最も暑い時期のはずですが、このところ暑さはそれほどでもない。今日も林道に入ると寒いと感じるくらいの涼しさでした。おかげで暑さに弱い私は大助かりです。

コースは前半がきついです。とくに尾根筋に出るまでは傾斜もきつく、涼しいけれど汗は噴出す。
こんな巨岩の横も通りつつ大腿1時間半で顔振峠に到着。
o2.jpg

簡単に給水して、つぎは刈場坂峠をめざしました。ここからは長かったけれど傾斜はそれほどではなかったかな?また1時間半ほどで刈場坂峠に到着。少し長めに休憩。おなかが空いてたので^^;
o3.jpg

刈場坂峠から約4kmでコース最高点に到達し、その後は温泉までフリーペースでした。いとうこーち、さくまさん、ももたろーさんは先行、私は長いくだりで膝痛が再発しないようにキロ6でゆっくり。
o4.jpg

ずーっと涼しかったけど、下界に近づくにつれて急に暑くなった!用水路の水をすくって体を冷やしました(笑)ビューポイントで武甲山がかすんでよく見えなかったのが残念。ここも約1時間半でした。
o5.jpg

程なく武甲温泉に到着〜。汗を流した後水分補給→レッドアロー号で延長戦でした^^このために皆走ってたようなもの?楽しい一日でした!
o7.jpg

参考:ルート(ジョギングシミュレータで作成)
okumusashi.png
okumusashi_slope.png
posted by yas at 05:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

ミズノF.O.R.M

ミズノのランニングフォームチェックに行きました。

これからの記録向上には走る技術が大事なポイントの一つと思っているので、何かひとつでもヒントを得るのが目的です。

トレミでゆっくりペースから上げていって最終的にマラソンレースペース近辺(私は時速17kmでした)で3分ほど。これをビデオ撮影します。故障明けの自分にはかなりきつかった。

結果
20130630.jpg

Safety(体への負担):59点
Positioning(姿勢):76点
Relax(腕振り):75点
Ride(体重移動):90点
Swing(脚の蹴り、返し):92点

ストライド 1.53m
ピッチ 185歩/分
ミッドフット〜ヒール着地

アドバイス
・このスピードでもフォームが安定しているのは○。
・ただし、爪先が外側を向いている。そうすると膝が内側に倒れやすく負担がかかるのだろう。尻周りの筋肉と内転筋を強化することで倒れこみを抑え、障害の予防を期待できる。爪先が外を向くことについては普段のジョグからフォームを意識しましょう。
・数値には現れていないが、体幹はもう少し鍛えた方がいい・・・あまりやってないでしょう?

感想
今回アドバイスされた点はフォームに関しては自覚しているし、強化方法は過去に教えてもらったものでした。それを受け、故障で走れていない3ヶ月で筋トレは少しやってきたけれど、まだ弱点を補うレベルには達していなかったようです。ただ、複数の人から同じアドバイスをもらったので、迷いなく中臀筋、内転筋、体幹の強化を継続していけるって思えたのはよかったところです。実際にフォームに現れてくるのにはもう少し時間がかかるのかもしれません。いくらか期間をあけてまたチェックしてみるのも面白そうです。
posted by yas at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

UTMF(2013)応援

昨年に続きUTMFの応援に行ってきました。

IMG_7003.JPG続きを読む
posted by yas at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

東京マラソン2013応援

今年も沿道に行ってきました。
出場した2012年以外は毎年^^

昨年走って雷門折り返しから佃大橋までがきつく感じたので、今年は30kmあたりで応援することにしました。

予定より早くついたので往路24.5km?くらいのところでも応援。まだ男子トップは大集団でした。
2時間30分くらいのランナーまで応援してから向かい側31km過ぎへ。

(写真は往路復路入り混じってます)

先頭はアフリカ勢が抜け出してた!スピードもすごいけど、この手足の長さがすごい!
前田選手につづきモグス、佐藤、今井 各選手。
tok1.jpg

女子もアフリカ勢がトップ。最近のニュースに疎く、野尻選手が第一生命から離れていたことを今日知りました^^;尾崎選手は個人的に応援していた選手。折り返しで野尻選手の前に出てたときは驚きました。(写真では男子選手の影に隠れてます。。)
tok2.jpg

猫ひろし、いいペースだったように思う。ギネスに挑むちょめさん。ガードランナーはろしくんなのか!?
tok3.jpg

東京マラソンを満喫している様子の二人^^こういう大会では選手ともコミュニケーションを取れるのが応援者としては楽しい〜
tok4.jpg

ボリュームゾーンに突入して写真に撮るのはあきらめました。
tok5.jpg

走ってる側から見つけていただくこともありましたが、
ぐっちーさんやおやぢさん、あまおとさん、AKB3人組・・・応援することができました。
同じく応援に来てたハヤミンにも会い、かなーり冷えて来たのでここらで退散。

東京マラソンもそろそろ悪天候のイメージが薄れてきましたね^−^
参加者、応援、運営の皆様・・・今日はお疲れさまでした!
posted by yas at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

別大応援(2)

その1

ここから15km地点までは約4km。2時間半の選手が15kmを通過するのは53分。約20分でいくには結構頑張らなきゃならない!息を切らせて走ってると14km地点にももたろーさんがいたので合流させてもらいました。バテ始めてたので助かった^^

ここでは二人で仲間を探しながら応援できたので格段に見つけやすかったです。

みんな予想よりもいいペースで来て、応援に笑顔で応えてくれた。沿道では日差しが強く感じるけど、風が弱いのか?前半は攻めていけるコンディションだったのかもしれない。

IMG_6370.JPG
IMG_6380.JPG
IMG_6388.JPG

IMG_6351.JPG多くの仲間に声をかけられたんだけど、相変わらず私の写真は空振りが多かったです。こんな写真が50枚くらいありました(泣)


仲間の応援を終えた後は別府駅に移動し、車窓から別大国道を走る選手を見ながら次のプランを練る。下調べによると臨海産業道路にある唯一の歩道橋を使えば27km、36kmの2箇所で応援できそうだけど、前のペースが速い分、移動も早くしなければならなさそう。


電車が遅れたことに焦りつつ、大分のひとつ先、牧駅からダッシュで27km地点へ。幸運にも3:10〜20予想の選手を応援することができた。14kmでいた人が見つけられなかったのが気になるが、マラ完の中田さんが反対車線を過ぎたのを見て道路の反対側の36kmへ移動する。全員を見送るのはここが最後。

IMG_6400.JPG
ぱっきーさんが35kmを通過したらももたろーさんから連絡をもらうことになっていた。予想より少し遅れて電話が鳴った!と思ったら視界にもうぱっきーさんが入ってきた。仲間内では先頭、すぐ後ろにtakepyonさんも。一瞬で通り過ぎる仲間を見送った後、予想通過時間とのずれに応援者としても複雑な思いが沸き起こる。でも今は応援に集中しよう。


IMG_6408.JPGIMG_6410.JPG
しばらくして次に見つけたのはハヤミン、ベストいける!と叫んだすぐ後ろにマツモトさん、パパさんと続けて現れた。熱い展開で応援にも熱が入る。もう一度集団になって最後引っ張り合って行ってくれればいいな。


IMG_6427.JPG
かつさんのオレンジは今回見つけやすかったな。当然きついはずだけどまだ元気がありそうでこっちも嬉しくなる。かわちふじさん、TETSUYAさんもいたはずだが見つけられませんでした。


応援に熱中してここからは写真なし、、

またしばらくしてまゆさん。去年のことを思うと足取りが見違えるようだ。丁度この前後に会社の同僚も走っているはずで、しばらくこの場で待ち構えるがついに見つけられず。アップデートサービスを調べてなかったのをこのとき後悔した。
そういうことでアイドリングしてしまったが、40kmまでもう一度ダッシュし、まゆさんを最後もう一度応援できた。そのままコースをたどって競技場まで走り、最終ランナーまでを土手で見送ってから競技場に。皆と顔を合わせました。

安堵だったり、思わぬアクシデントだったり、会心の走り、いろいろありますね。
フルは厳しいだけに、今すぐやり直したいとも素直に思えず、かといって終わったからもういいやと簡単に割り切れず、そんな感じを受けました(走ってない者が何をのんきなことを。。と思われそうですが)でもそれが面白さの一面なんだなとも思い、今シーズンまたレース出たいなーって気持ちが出てきています。

参加の皆さんお疲れさまでした!
posted by yas at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする